ネパール旅行(2日目)ネパール人の家に泊めてもらう

2018年4月28日

5:50 起床

朝、オシッコに行きたくて目が覚めました。
目覚ましを6:00にセットしていたので、結果オーライです。

起きてからトイレに行き、【ハミガキ・洗顔・ヒゲソリ・髪のセット】を済ませます。
洗濯物は、ぜんぜん乾いていませんでした。
∑(・Д・; )ゲッ

身支度を整えて、7:00発の飛行機のチェックインに向かいます。

スーツケースを預けて、念のためどこで荷物を受け取るのか確認。
すると昆明こんめい(中国)とのことでした。

昆明は次の乗り換え場所です。(北京→昆明→ネパール)

8:10に離陸で、おそらく9:00頃には機内食を食べられるので
それまでは、なにも食べませんでした。

荷物検査へ

国によって、持ち物検査の内容が違ったりします。
北京では、結構念入りに体を調べられたり、他の女性は、シャンプーのような液体をボトルごと没収されてました。
私は、予想して液体をすべてスーツケースに入れていたのでセーフです。
搭乗ゲートについた頃には、すでに搭乗開始してました。

7:40 搭乗開始


機内食は、おかゆが出てきました。

付け合わせの漬物みたいなものを、隣の男性はお粥にかけていたので、私もそうやって食べました。
お粥自体に味はありません。

3時間ほどのフライトで、昆明に到着


この昆明の空港は、わりと綺麗で広かったです。

順調に入国審査を済ませて、14:40分に、ネパールに向けてフライトしました。
(昆明→ネパール)

14:40 昆明を出発

昆明(中国)からネパールに向けて出発です。

機内食は、パン2つとジュースでした。
ソーセージパンと、カステラパンです。
機内で、日本人男性が隣に座ったので、ちょっと喋っていました。
彼も、20年ぶりにネパールに行くといっていました。
到着時刻15:15を大幅に遅れて15:55に到着。

15:55 ネパール カトマンズ空港に到着

カトマンズ空港
飛行機が遅れちゃいましたね、、、
カトマンズ空港では、カウチサーフィンで知り合ったネパール人から、迎えがあるというのに、、、、

※カウチサーフィンとは、世界中の旅行者同士を、無料で自分の家に泊めてあげるというSNSサイト
ちなみに、私のカウチサーフィンをまとめたブログがこちら

飛行機を降りたらすぐに、入国手続きをしました。
ネパールのビザは、日本で取っていたのでスムーズです。
ですが、荷物がなかなか出てきません。
待つこと20分後にやっと、私が乗っていた便の荷物が回り始めました。
カトマンズ空港

16:30スーツケースゲット

そして、スーツケースゲットをゲットしたら、出口付近で再度荷物をチェックされます。
ボーディングチケット、とスーツケースに貼られたシールに間違いがないか、確認されます。
これは、きっと盗難防止なんでしょうね。

16:40 ネパール人との待ち合わせのはずが、、、

実は、ネパールに到着して初日に、SNS(カウチサーフィン)で知り合ったネパール人男性(ラックスマン)に、15:30頃に空港で迎えに来てもらう約束をしています。(そのまま彼の家に行き、泊めてもらうのです)

さっそく出口に向かった時、唖然としました。
人が多すぎる、、、、∑(・Д・; )ゲッ
カトマンズ空港
名札プレートを持ったような人が30人、それだけでなく空港の出口ではいろんな人がたくさんいます。
タクシーの呼び込みなども、たくさん人がいてわからないのです。

それまでに、日本から中国経由で向かっている間、一度もwifiをつなげられなかったのでラックスマンに【誰が、迎えにくるのか?】【どんなプラカードを持っているのか?】すらも知りません。

私は、きっとLINEに、【なにか情報が送られているはず】だと思い、ネットをつなげることを優先しました。
そしてまず、空港の出口にあるsimカードの店にいきました。

店員に情報を聞いてsimカードを挿してもらうも、なぜか繋がりません。
(後でわかったことですが、SIMカード解除をしていなかったのです。)
(SIMカード解除は、携帯ショップもしくはネット上で、事前にしないといけません。)
店員は、「街にある携帯ショップに行かないと無理だ」と言って、その場ではwifiが繋がりませんでした。

すぐ隣にあるsimカード屋で、ある男性が私に声をかけてきました。
どうやら、simの手続きしてくれるそうです。
僕は男性に、「隣の店でもダメだったけど大丈夫?」と聞くと、じゃあ俺の兄貴を紹介してやると言って、空港をすぐ出たところの男性を紹介されました。

兄貴らしい人のところへ、、、

彼は日本語ペラペラでした。
私は、彼にまずラックスマンに電話したいから「電話を貸してくれ」と言いました。

そして、ラックスマンの携帯番号を調べようと思ったら、simカードにさっきのネパールのカードが刺さっており、画面が元に戻っていないのです。
(ラックスマンの番号が見れない状態)
しょうがなくまた、simのお店にもどり、日本のsimを挿し直してもらったらやっといつもの画面に戻りました。

で、ラックスマンの電話を見せて、電話をしてもらったら、どうやらラックスマン本人が、プラカードを持って40人ほどの群れに並んで待っているとのこと。
私は早速その群れに行き、プラカードを一つ一つ見て行きました。

ザーッと見ても、私の名前が書いているのがありません。
私はしょうがなく、端から端まで「ラックスマーン!」と叫びながら探していたら、やっと出会えました。

しかも、プラカードの名前も間違ってるし、、、w
(私の名前はSHINJINではありませんw)
名前のプラカード

17:30

結局出会えたのは、約束の時間から2時間遅れでした。
(^_^;)

「待たせてごめんなさい」と謝ったら、「全然、大丈夫だよ」とのことでした。
ラックスマン、2時間も待っててくれてありがとう
サンキュ──ヾ(*’∀`*)ノ──♪

改めて、海外でカウチサーフィンの相手(見知らぬ者同士)と出会う難しさを痛感しました、、、。
すぐに、ラックスマンが手配した車にのって、彼の家に向かいました。
ラックスマンとタクシー

16:00 ラックスマンの自宅に到着

ラックスマンのお家
車でも30分ほどかかり、ラックスマンの家に到着しました。
おもったより遠いので、歩かなくてよかった。
(^_^;)

家に到着して、すぐに奥さんが出迎えてくれました。
そして私のおでこに赤い粉(ティカ)を塗ってくれたのです。
これには、歓迎の意味が込められているようです。

ネパール人家族と記念撮影
さっそく、飲み物をいただきました。
ネパール人もてなしの飲み物
そして、日本から持ってきたおみやげを渡しました
すると、娘2人もやってきて自己紹介をしてくれました。
(ノω`*)エヘヘ
その後、私が寝泊まりする個室へ紹介してもらい
ちょっと休憩。
ネパールでのプライベートルーム
ここで、やっとwifiが繋がりました。
その後、先ほどのリビングルームに戻り、お菓子とチャイをいただきました。

20:00 ラックスマンに鍼灸治療

ネパール人に鍼治療
私が、今回のネパール旅行の目的の一つに、鍼灸ボランティアがあることを伝えて「鍼灸をやってみたい?」と聞くと、ラックスマンはやってみたいと答えたので、さっそくやることに。
背中が痛いようでしたので、背中に鍼をします。
鍼灸をした後は、とてもリラックスできたようで、よろこんでくれました。
(^^)

20:30夕食

ネパールの夕食
ラックスマンの自宅で、夕食をごちそうになりました。
ナンみたいなものを、ホットプレートみたいなので、挟んで伸ばしています。
ネパールの手作りナン
野菜に挟んでたべたり、ご飯と野菜を混ぜて、スープをかけて食べました。
娘ちゃん達は、素手で食べていたので、私も素手でいただきました。

食事の後は、ラックスマンがもう疲れてるだろう、休むといいよと言ってくれたので、部屋に戻り、シャワーを浴びて寝ました。
水をボトルに入れてくれて、部屋に持って行きました。
夜中に、雷と雨のせいで、目を覚ましましたがすぐに寝ました。

3日目に続く、、、