ネパール旅行(4日目)(鍼灸ボランティア1日目)

2018年 4月30日

6:30集合

ネパールのホテル
さて、今日は早速ボランティアが始まりますが、昨日はホテルで一睡もしていません。
ブログにも書いてますが、飛行機が急遽引き返すことになり、バスで9時間かけて朝の5:00頃にポカラに到着したので寝る時間がありませんでした。
∑(・Д・; )ゲッ
(車の中でうたた寝はしていますが、、、)

ネパール人鍼灸師とホテルで合流

ボランティアをするのは、日本人鍼灸師だけではありません。
ネパール人鍼灸師のボランティア団体(6名)も、同じホテルに泊まりボランティアの5日間をともに過ごします。
ネパール人鍼灸師たちは、昨日のうちにホテルに到着していたようで、朝、顔合わせをしました。

そして朝食をとります。

ホテルの朝食

7:30 ボランティアに会場につきました。

ネパール ボランティア会場
会場では、すでに患者さん達が、数名待っていました。
日本人&ネパール人鍼灸師(合計14名)によって、さっそく鍼灸治療が始まります。
また赤十字から派遣されたボランティアの【ネパール人スタッフ】も、雑用を手伝ってくれます。
ネパール 鍼灸ボランティア
なんだかんだいっても、ネパール人は、皆さん陽気なので楽しくボランティアを終了。
初日の患者さんは、120名ほどだったと思います。

終了したら、細かなミーティングを赤十字スタッフも含めて、話し合いました。
寝てないせいもあって、ちょっと疲れましたけどね、、、(^_^;)
その後は、昼食をみんなで食べました。

12:00 昼食

ダルバート
昼食は、ネパールの一般的な食事(ダルバート)です。
そのあと、一行が向かった先は、ネパールにあるILS-NEPAL(車椅子使用者を支援する協会)です。

13:00 ILS-NEPALに到着

ILS-NEPAL
今回の鍼灸ボランティアの総務理事であるメンバーが、ILS-NEPALのメンバーと昔からの知り合いのようで、ネパールにくる際には、空飛ぶ車椅子というボランティアをやっているようです。
実際に、今回で4台の車椅子を日本から運んだようです。
(私は前乗りしたので運びませんでしたが><)
ネパールの市長もお見えになっていました。
ILS-NEPAL
その後ホテルに戻り、今日のボランティアの反省会を行いました。
ホテルのフロント
良かったところや、反省点などを発表します。
その後は、ホテルのダイニングで晩ごはんを食べます。
ホテルで、夕食を食べた後は、日本人メンバーだけで、近くの居酒屋さんにてビールを飲んで、たのしみました。
ネパール モモ
22時頃、ホテルに戻り、シャワーを浴びて、その日は寝ました。
5日目に続く、、、