ネパール旅行(5日目)(鍼灸ボランティア2日目)

2018年5月1日

6:00 起床

ホテルの朝食
朝は6:30にホテルのロビーに集合です。
ホテルの朝食をいただきます。
そのままバスに乗り、10分ほどで同じボランティア会場

7:00 ボランティア会場へ

鍼灸ボランティア
今日は、昨日よりも多く、150人の患者さんが来られました。
(再来も新患も含め)
患者さんの多くは、英語が話せませんが、ボランティアスタッフたちは、英語が話せるので、英語で通訳してもらったり、英語で指示を出したりします。
ネパール鍼灸ボランティア

12:00 昼食

ダルバート
ボランティアの後、昨日と同じ店で昼食をとり、ホテルに戻ってきました。

14:30 ホテルにてネパール語の勉強会

ホテルで、休憩したあと、ホテルにてネパール語の講習会を開いてくれました。

なぜなら、出発前からだいたいのネパール語がまとまったPDFファイルは、配布されているのですが、いざやってみると『このように説明したいんだけど、、、』というもどかしさが、ボランティア中に何度もありました。
なかなか、違う国の患者さんを治療するのって難しいですね(^_^;)
(多くの患者さんは、英語が話せません)

なので、ボランティアグループ全体で、意見を出し合うようにしたのです。
ちなみに、ネパール側のボランティアグループの代表は、日本語がペラペラなので、それを大きな紙に書いて、説明しながら教えてくれました。

15:30 観光

そのあとは、日本人鍼灸師とネパール人鍼灸師のみんなで観光に行くことに。
観光した場所は、ポカラの観光名所である日本山妙法寺デビスホールです。

日本山妙法寺

日本山妙法寺からの眺め
日本山妙法寺

日本山妙法寺は、ふもとまで車で行って、麓からは、15分ほど階段を登って行きます。
(ボランティア中は、ずっと車をチャーターしています。)
ネパールのヒマラヤ山脈も見れて景色は最高です。
空気もよかったです。
みんで写真をたくさんとりました。
ネパールでの、ボランティアは3回目らしく、日本人鍼灸師とネパール人鍼灸師ですでに知り合いの人たちもいます。
なので和気あいあいと観光を楽しみました。(^^)
私は、今回が始めてでしたが、英語でコミュニケーションをとっていました。

デビスホール

デビスホール入り口
デビスホールも観光名所のようです。
大きながあるのですが、実際には大したことありませんでした。
デビスホール
そのように思っていたら、ネパール人スタッフが言うには、「デビスホールは、水の量によって全然違うらしく、今日は全然ダメだと」いうことでした。w
水の量が多いときは、迫力があるんでしょうねきっと。
観光名所として「地球の歩き方」にも掲載されています。

19:00 晩ごはん

ネパールにあるインド料理
その後、インド料理屋にて、みんなで晩ごはんを食べました。
私は、インドに行ったことがあるので、インド料理を食べたことあるのですが、ネパール風のインド料理でした。

その後、ホテルに戻り、日本人とネパール人スタッフも含めてホテルの部屋で話をしながら、ちょっとしたミーティングのような事も話しました
ネパール人は、みな明るくて陽気なので楽しいです。
22時頃、部屋に戻りシャワーを浴びて寝ました。

6日目に続く、、、